2017年6月22日 千葉県もろもろ

 おはようございます。今日は暑くなりそうです。熱中症に注意しましょう。

 市川市民は、ほとんど千葉市内へ行きません。行くのは、よほどの用事があるときだけで、買い物には行きません。用事といえば県庁などでしょうが、船橋に出先もあるし、法人登記で法務局に行くくらいでしょうか?

 千葉市内に行ったことがある人にはわかるかもしれませんが、幕張辺りは巨大な企業のビルが乱立しているものの、人はほとんど歩いていません。町は新しく無機質で、人工的な感じがします。古い町並みはありません。

 それは千葉駅の周辺も同じで、駅には人が大勢いますが、周辺には人が歩いていません。百貨店やパルコもなくなり、活気が失せました。都市の空洞化が懸念されています。横浜や大宮などと比較しても、魅力が乏しいかもしれません。

 やはり、神奈川県はいいです。横浜もすばらしいですが、鎌倉など湘南付近もいですい。ただ、家を買うときは、東京が一番高く、次に埼玉、千葉という順になります。千葉は浦安以外は負けています。浦安はまったくの別格です。

 よく房総半島までわざわざ魚を食べに行く人がいますが、率直にいえば、交通費が高くなるので、市川市内や都内で食べても、味はあまり変わりません。特に安くもありません。

 テレビで「うまい」「安い」と連呼しているのは、演出にすぎません。うまい魚が食べたければ、浦安、松戸、船橋の市場で買ってくればよいのかもしれません。肉はそう思いませんが、魚はかなり安くてうまいです。再考です。
スポンサーサイト

2017年6月21日 破滅的な状況

 おはようございます。今日は雨ですね。昨日で少し仕事の区切りがつきましたが、やることはたくさんございます。忙しいのは結構なことで、講演依頼、原稿依頼は大歓迎です。何卒よろしくお願い申し上げます。

 この年になると、何も大したことをしていないのに「なにげに疲れる」ということが多くなってきました。周囲でも同じことを言う人がいます。それでも腹だけはしっかり減るのだから不思議なものです。

 健康診断の結果、少なくとも体重は6kgほど痩せなくてはいけません。毎日走っていますが、まったく効果がなくて困っています。もう絶食しかないのでしょうか?

 なかでも中性脂肪が異常な数値だったので、皆さんのアドバイスに従い、食事に工夫しました。取りあえず糖質を減らすため、ご飯は少なめに。あと、ドクダミ茶を飲む。体から毒を排出しなくてはなりません。

 昨日の昼食は、ご飯を茶碗半分(0.5合)とコロッケ半分、アジのフライ半分、そしてサラダ。物足りないですが、痩せて中性脂肪を減らすしかありません。今日はフライを食ってしまいましたが、これは買っていたためです。今日からは野菜と魚が中心とし、ご飯はやはり茶碗半分(0.5合)で。

2017年6月16~20日 十六世紀史研究学会 第14回研究会開催のご案内

 おはようございます。今日はいい天気ですが、明日から悪天候になるそうですね。天気は変わりやすいので注意しましょう。さて、以前から告知しておりますが、下記のとおり研究会を開催します。ご関心とご都合が合う方は、ぜひご参加ください。報告者は遠方からお見えですので、ぜひ盛り上げたいと存じます。拡散歓迎です。

☆十六世紀史研究学会 第14回研究会開催のご案内

【日 時】2017年6月25日(日) 15時00分

【場 所】市川市男女共同参画センター 5F第2和室
※総武線市川駅、京成線市川真間駅から徒歩約5分。 
※事前連絡要。資料準備の都合があるので、当方までメールをください。
※『論集 赤松氏・宇喜多氏の研究』、『十六世紀史論叢』8号を希望の方は持参しますのでお申し付けください。

※終了後、懇親会がございます(参加自由)。

【参加費】300円(資料代、会場料として)

【報告者】鴨志田 智啓氏

【題 目】「古河公方足利義氏のおかかえ商人小池晴実について」

【概 要】
 最後の古河公方足利義氏については、先学の蓄積があるものの、前期についての段階であり、後期からその死に至るまでは検討すべき点が多々ある。そこで本報告は、足利義氏・小池晴実の関係と足利氏の氏寺鑁阿寺とを通じて、古河・足利周辺の情勢、水運について、『小池家文書』『鑁阿寺文書』を中心に検討して行きたい。

【参考文献】
・吉田東伍「利根の変遷と修治」・「渡良瀬川の変遷と修治」 <以上「利根の変遷と江戸の歴史地理」崙書房1974年(昭和49年)に所収>。
・佐藤博信「古河公方とその周辺―特に小手指と向古河の渡辺氏をめぐって―」 『千葉県の文書館』第3号 千葉県文書館 1998年(平成10年) <後「下総渡辺氏の歴史的性格ー古河公方との関係を中心にー」と改題して『江戸湾をめぐる中世』思文閣出版出版 2000年(平成12年)に所収>。
・佐藤博信「武州品川鳥海氏とその周辺―古河・品川・鎌倉間の交流をめぐって―」『日本歴史』第601号 吉川弘文館 1998年(平成10年) <後「武州品川における鳥海氏の動向―古河・品川・鎌倉間の交流をめぐって―」と改題して『江戸湾をめぐる中世』思文閣出版出版 2000年(平成12年)に所収>。
・村上慈朗「総和町および周辺地域における河川の変遷について」 『そうわ町史研究』第5号1999年(平成11年)
・『総和町史』資料編 原始・古代・中世 2002年(平成14年)
・内山俊身「中世都市水海と河川交通・流通」 『総和町史』通史編 原始・古代・中世 2005年(平成17年)
・簗瀬大輔「戦国期渡良瀬川の洪水と水運―両毛国境河川地域における「川の領主」の活動―」 『北関東の戦国時代』 高志書院 2013年(平成25年) <後「戦国期渡良瀬川の洪水と水運―横瀬・長尾領国の環境―」と改題して『関東平野の中世』 高志書院 2015年(平成27年) に所収>。

2017年6月14・15日 拙編『地理と地形で読み解く 戦国の城攻め』 (光文社・知恵の森文庫)刊行のご案内

 拙編『地理と地形で読み解く 戦国の城攻め』 (光文社・知恵の森文庫)が6月13日に発売されました。こちら。客員研究員の浅野友輔さん、千葉篤志さん、中脇聖さん、水野伍貴さんも執筆しています。おもしろい内容ですので、ぜひ手にお取りになってください。詳細は、以下のとおりです。

 購入はこちらから。

◎内容紹介
 大規模な水攻めが行われた「備中高松城の戦い」、17万の百姓に堤を築かせた「紀伊太田城の戦い」、多数の付城を築いた「三木城の戦い」など、自然の要害を活かして築かれた難攻不落の城を、武将らはいかなるネットワークと知恵を使って攻めたのか?夜戦、兵粮攻め、水攻め、籠城戦などバリエーション豊富な戦を、地形図とともに読み解く。

◎目次
吉田郡山城の戦い
河越城の戦い
大友二階崩れの変
第二次月山富田城の戦い
観音寺城の戦い
小谷城の戦い
高天神城の戦い
信貴山城の戦い
有岡城の戦い
上月城の戦い
八上城の戦い
三木城の戦い
長水城の戦い
鳥取城の戦い
備中高松城の戦い
魚津城の戦い
十河城の戦い
紀伊太田城の水攻め
忍城の戦い
岐阜城の戦い
大津城の戦い
長谷堂城の戦い
安濃津城の戦い
上田城の戦い
真田丸の攻防

よろしくお願い申し上げます。

2017年6月6~13日 高橋陽介著『一次史料にみる関ヶ原の戦い 改訂版』の刊行のご案内

※友人が執筆した本です。ぜひ、ご購読ください。

一次史料にみる関ヶ原の戦い 改訂版
著者 高橋陽介(著)
江戸時代に書かれた「関原軍記大成」「黒田家譜」などの二次史料や二次史料をもとにした先入観を排除し、一次史料のみで関ヶ原の戦いの経緯をたどる。


目次
一 はじめに やはり「問い鉄砲」はなかった
二 一次史料のみによって考えるということ 九月十五日付徳川家康書状を読む
三 では実際にはどうだったのか 九月十七日付吉川広家書状案の別解釈
四 山中における西軍の布陣について
五 なぜ西軍は関ヶ原へ向かったのか 九月十二日付石田三成書状写を再考する
六 南宮山からみた東西両軍の布陣 九月十二日付吉川広家書状による裏付け
七 島津軍の中央突破「島津退き口」について
八 夜襲案却下の初出文献・大道寺友山『落穂集』を読む
九 九月十八日付徳川家康書状との整合性 瑶甫恵瓊の最期
十 西軍の初期配置について 七月二十六日付長束正家等連署書状を読む
十一 大谷吉継の所在について
十二 脇坂安治の所在について 西洞院時慶の日記等にみる大津城の戦い
十三 毛利秀元の立ち位置について 内藤周竹による秀吉没後の上方情勢報告
十四 東軍の編成等について 八月二十二日付井伊直政書状にみる岐阜城の戦い
十五 徳川秀忠軍の西上について 九月五日付徳川秀忠書状にみる上田城の戦い
十六 石田三成はなぜ挙兵したのか あらためて同時代人の記述を読む


ご購入はこちらから
ハイブリッド型総合書店honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_28421396.html

KINOKUNIYA WEB STORE
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784434231681

2017年6月5日 拙編『地理と地形で読み解く 戦国の城攻め』 (光文社・知恵の森文庫)が6月13日に発売されます。

 おはようございます。相変わらず貧乏暇なしで、汲々としております。もはやこれまでなのでしょうか?あと少しです。

 さて、拙編『地理と地形で読み解く 戦国の城攻め』 (光文社・知恵の森文庫)が6月13日に発売されます。こちら。客員研究員の浅野友輔さん、千葉篤志さん、中脇聖さん、水野伍貴さんも執筆しています。おもしろい内容ですので、ぜひ手にお取りになってください。詳細は、以下のとおりです。

◎内容紹介
大規模な水攻めが行われた「備中高松城の戦い」、17万の百姓に堤を築かせた「紀伊太田城の戦い」、多数の付城を築いた「三木城の戦い」など、自然の要害を活かして築かれた難攻不落の城を、武将らはいかなるネットワークと知恵を使って攻めたのか?夜戦、兵粮攻め、水攻め、籠城戦などバリエーション豊富な戦を、地形図とともに読み解く。

◎目次
吉田郡山城の戦い
河越城の戦い
大友二階崩れの変
第二次月山富田城の戦い
観音寺城の戦い
小谷城の戦い
高天神城の戦い
信貴山城の戦い
有岡城の戦い
上月城の戦い
八上城の戦い
三木城の戦い
長水城の戦い
鳥取城の戦い
備中高松城の戦い
魚津城の戦い
十河城の戦い
紀伊太田城の水攻め
忍城の戦い
岐阜城の戦い
大津城の戦い
長谷堂城の戦い
安濃津城の戦い
上田城の戦い
真田丸の攻防

よろしくお願い申し上げます。

2017年6月3・4日 健康診断+『年報赤松氏研究』5号がもうすぐ品切れ

 こんにちは。朝晩は冷えますが、日中は暑いですね。おまけに、日向と日陰とではだいぶ気温が違います。人生は日陰でも、普段は日向を歩きたいものですね。

 3日(土)は、健康診断に行っておりました。本当はいけないのですが、10数年ぶりです。ちなみにですが、一人会社の場合は福利厚生という概念がないので、残念ながら健康診断の費用は経費にはなりません(泣)。

 行って驚いたのが、建設関係のお仕事の方が非常に多かったことでした。もっと驚いたのが、前日の午後10以降は飲食(たばこも)が禁止なのですが、外の喫煙所では、みんなスパスパタバコを吸い、しかも缶コーヒーをがぶがぶ飲んでいることでした。

 ともあれ、行ってから1時間ほど待って、健康診断開始です。相変わらず血圧が高く、毎日走っているのですが、これは下がりません・・・。ほかは結果待ちですね。久々の胃の検査では、バリウムを呑みました。指示に従って、体を回転させますが、あれはふざけているのではなく、バリウムが胃などに行き渡るようにしているのです。

 さて、結果はいかに!

 おかげさまで、『年報赤松氏研究』第5号(2012.3)の在庫がほぼ尽きてきました。ご入用の方はお急ぎください。『十六世紀史論叢』や『論集 赤松氏・宇喜多氏の研究』も併せてご購読ください。よろしくお願い申し上げます。詳細はこちらです。

2017年6月1・2日 6月はじまる+ラーメン談義

 おはようございます。今日も日差しが強いですね。あっという間に6月に突入し、あっという間に今週も終わりです。月日が流れるも早いものですね。

 先日、出版社の方と打ち合わせをいたしました。むろん、いろいろと仕事の話をするのですが、終盤はラーメン談義となりました。実は、私もラーメンが大好きです。

 ラーメンの魅力というのは、スープの味の違いや、麺の太さの違い、トッピングの豊富さ、そしてその組み合わせにありましょう。スープの種類は、おおむね味噌、塩、醤油、とんこつ、魚介に分けられましょう。私は、味噌ラーメンが好きです。

 その方のラーメン好きは筋金入りで、遠方かつ並んででも食べに行くそうです。ただ、最近は高いラーメンが増えてきたとこぼしていました。たしかに有名店に行くと、普通のラーメンで800円を超えるものは珍しくなく、チャーシューなどのトッピングを加えると、1500円くらいすることもあります。

 味噌ラーメンは味が濃厚(しょっぱいとは違う)なので、好きなのだと思います。ただ、出版社の方と意見が一致したのですが、非常に作るのが難しく、失敗するとみそ汁に麺が使っているようなものがあります。その出版社の方も、某所で1,200円の味噌ラーメンを注文したところ、スープが味噌汁だったとこぼしていました・・・。

 個人的には貧困なので、無理に高いラーメンを食べに行こうとは思いません。一番気に入っているのは、「くるまやラーメン」の味噌ラーメン。小ライスがついて618円。もやしは一袋くらい入っていると思います。味噌も特別なものではないと思うのですが、味が濃厚で最高です。

 だから、デブになるのです・・・。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター