2016年8月24・25日 連日の悲しい事件

 暑いですね。同じことを言いますが、暑さと涼しさと蒸し暑さが交互に訪れ、いささか弱っているところです。あと少しで秋です。そこまで何とか生存しましょう。

 それにしても、連日のように悲しい事件が起きますね。一昨日の某芸能人の起こした強姦事件には驚きました。知名度の高い女優の息子で、ようやく人気が出てきたところです。いつぞやのテレビでは育てるのが大変だったと言っておりましたが、まさかこんな事件が起きるとは、と思っております。本人はもとより、お母さんの仕事にも差支えがあるようで気の毒です。

 埼玉県の河川敷での少年の殺人(死体遺棄)事件にも衝撃を受けました。陰惨な事件は昔もあったのですが(逆に減少しているとか)、何かとマスコミで強調されがちです。

 ついでに申しますと、NHKの番組(貧困に関わる内容)に出ていた女子高生に対して、ネット上でのバッシングは絶えないとの報道もありました。おおむねこういう話は、事実無根のことから端を発し、「話に尾ひれがつく」と申しますが、さらにねじ曲がって伝わるようです。こうした話を聞くと、うんざりとします。

 昔と違って、「がんばればなんとかなる」という時代は終焉を迎えつつあります。貧困(貧乏ではない)は連鎖し、抜け出せないものとなっています。この問題についてはたくさんの本が刊行されていますので多くを申しませんが、残念なことです。

 最近では、飯を満足を食えない欠食児童が増えており、むろん学習塾など夢もまた夢です。学校に行かない児童・生徒もいると聞きます。入学の節目には、制服代などがかかります。部活をすればカネがかかります。ましてや大学や専門学校になると、莫大な学費がかかりますからね。たしかに食材を工夫すれば、安くてうまい料理を作れるのでしょうが、貧困家庭では親があまりに忙しすぎて、そこまで手が回らないのだと思います。それゆえ、偏った食事(菓子やインスタント食品)になるのでしょう。

 こうした問題については、スマホ、テレビ、ゲーム機、テレビがあるから贅沢だ、それを処分すれでばいいじゃないか、という人がいますが、それはあまりに残酷でしょう。片々たる事実を取り上げて誹謗中傷するのですから呆れます。その尻馬に乗っかる国会議員もいるのですから、情けない限りです。

 もう私なんかは栄養が十分に足りており、生産性も低いうえにお国に貢献していないので、そんなに食う必要はないのですが、せめて子供には腹いっぱい飯を食ってほしいものだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
61位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター