2016年8月31日 お笑いの終焉

 おはようございます。昨日は寒かったような気がしますが、今日は一転して猛暑日です。体調管理が厳しいですが、今日も一日がんばりましょう。私は、朝から敬愛大学に行っております。本日が最後であります。そして、8月も本日で終わりであります・・・。誠に歳月が流れるのは早く、恐ろしいといわざるを得ません・・・。

 過日、たまたまチャンネルをひねっておりますと、お笑いの番組を放映しておりました。ベテランというよりも、若手の方の漫才(?)でした。何組も出てきたのですが、司会者や観覧している人が大笑いしているにもかかわらず、肝心の私はまったく笑いのツボがわからず、憮然として見ておりました。全然おもしろくないのです・・・(笑っているのはサクラか? 番組の指示か?)。もはやお笑いの感性が若い人たちと違っているのでしょうか。

 たぶん、そうではないと思います。そんなにお笑いがブームというか、おもしろいのであれば、もっとお笑いの番組が増えてもいいはずです。総体的に人気がないので、番組も少ないのでしょう。

 周知のとおり、日本伝統の文化(?)も徐々にすたれつつあります。歌舞伎、能楽、邦楽の類は一部に熱狂的なファンがいるものの、決して大衆向けとは言えません。むしろ、縁遠いものといえましょう(放映するのはNHKくらい)。昔は、正月になると、鳥の鳴きまねや曲芸なども人気でしたが、今はほとんど目にすることがありません。

 講談、落語、漫才は正月だけでなく、よく放映されていましたが、今やほとんどテレビで見たことがありません。1970~80年代は猛烈な「漫才ブーム」で、チャンネルを捻ると、必ずどこかで漫才の番組をやっておりました。個々の漫才師の名前は挙げませんが、人目も憚らず、テレビの前で大笑いしていたのは間違いありません。今でもたまに放映されているのですが、われわれ中高年にとっては、まったくおもしろくないものとなっております。

 理由はよくわかりませんが、なぜあんなにおもしろくないのでしょうか? それは、テレビドラマも同じかもしれません。全世代がこぞって見る番組はほぼ皆無となり、今やテレビの視聴率も10%を超えると「合格」という時代です。テレビを見る人は、どんどん少なくなっていると聞きます。娯楽は大衆性を失い、個別化が進んでいるのでしょうか。

 どうでもいいことかもしれませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: No title

いつもありがとうございます。
なるほど、なるほどです。

たぶんですが、今の漫才は内輪でウケるネタを披露しているように思い、それが各年代層に広がらないように感じています。
たぶん10代から20代くらいしか、おもしろいと感じていないのではと思います。

幅広い年代層を笑わせるのは、非常に難しいのですね。

No title

大御所の漫才を今見るとわかるのですが現代漫才の技術レベルはそれと比べると相当高いのですが
現代漫才は一本のネタに対して笑いを求められる回数が多すぎ疲れてしまいます
ポイントが多すぎて逆にどこで笑えばいいのかわからないということが多々あります

Re: 演芸

仰せのとおり、昔の土曜日の午後といえば、吉本新喜劇でしたね。
腹を抱えて笑っておりました。
今、こちらでは、チバテレビで落語や漫才がときどき流れるくらいでしょうか(NHKは別)。

黄金時代の復活を期待したいものです。

演芸

昔は、学校から帰った土曜の午後は、次々に放送される(上方の)お笑い番組を見続けておりました。
昔は、三味線やギターなどを持った漫才師(浪曲ショウ)が多く、「芸」を観た気がしました。
あの頃の土曜の午後よ、もう一度!(テレビばっかり見てんと勉強せんかと親から怒られましたが^^;)
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
67位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター