2016年11月23日 『研究論集 歴史と文化』創刊号、『十六世紀史論叢』7号の販売を開始しました

 明日は雪ですね。本日、『研究論集 歴史と文化』創刊号、『十六世紀史論叢』7号が納品されましたので、販売を開始いたします。目次はそれぞれ下記のとおりです。

『研究論集 歴史と文化』創刊号

 目次

 創刊の辞
 論説
 浅野 友輔 安芸吉川氏と石見福屋氏 ―毛利氏、吉川氏による石見支配の前段階―
 片山 正彦 個人蔵「三富弥四郞元胤申軍忠事」について
 神田 裕理 戦国~織豊期の朝廷運営に見る武家権力者の対応 ―後宮女房の密通事件をめぐって―
 中脇  聖 天正期一条内政の政治的立場 ―『石谷家文書』から見た渡川合戦を通して―
 中川 智寛 谷崎潤一郎「春琴抄」試論
 渡邊 大門 本能寺の変と夜久氏 ―年未詳六月五日羽柴秀長書状の再検討―
 客員研究員の募集
 編集後記

『十六世紀史論叢』7号

 目次

 論説
 赤坂 恒明 文禄年間の公家列名史料『當官前官略次第』について
 小池 辰典 明応年間における足利義澄「政権」の構造に関する一考察 ―山内就綱の六角惣領拝命・近江入部から―
 小谷 量子 歴博甲本洛中洛外図屏風に見る足利義澄の観能と参内
 渡邊 大門 織田信長の但馬侵攻と山名氏
 報告要旨
 高橋 陽介 慶長五年九月十七日付吉川広家自筆書状案の別解釈 ―関ヶ原合戦への一視点―
 中脇  聖 天正期一条内政の政治的立場 ―『石谷家文書』から見た渡川合戦を通して―
 編集後記

販売方法は、

こちら

もしくは

こちら

をご覧ください。

早期に売り切れが必至ですので、早めにご購読くださいませ。
よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター