2013年8月22日

 暑くて死にそう。とにかく蒸す・・・・・。

 連日の突貫工事で苦しいが、それも仕方がない。昨晩は、録画した「サイレント・ワールド2012」(午後のロードショー)を見ていたが、あまりのひどい内容にyahoo映画で採点を確認すると、1.6点(5点満点)。ありえない低評価だったので、途中で見るのを止めて削除した。まあ、こういうこともあるのだ。

 代わりにTOKYO-MXで録画した「チルソクの夏」を見た。こちらはなかなかのもの。見応え十分の青春映画であった。特に、山本譲二がいい味を出していた(視点がずれているか???)。高樹澪も実に久しぶりに見た。ところで、驚愕したことが一つ。なんとTOKYO-MX CINEMAは、CMが一切ない!!! 儲かっているのか、出血大サービスなのか、実はNHKが背後にいるのか??? 昔のアニメの放映といい、実に不思議なテレビ局だ。

 拙著『黒田官兵衛・長政の野望 ―もう一つの関ヶ原―』(角川選書・角川学芸出版)が紹介されていました。

 それにしても、私の周囲には私と同じく厳しい人が多い(はっきりいえばボンビー)。「株で当てたので、ベンツを買いました」とか、「遺産がごっそり入ってきたので、家1軒買いました」なんて人は聞いたことがない。夏は冷房がなく大汗をかきながら論文を書き、冬は暖房がないので凍死寸前になりながら論文を書く。マッチ売りの少女よろしく、寒くなると手をこすり合わせて暖を取る。

 ワンコイン・ランチは贅沢の極みで、深夜のスーパーで買い求めた「おつとめ品」を冷凍して保存するなど当たり前。たまに食べ放題や大盛無料の店に行くと、食べなれないので腹を壊す。ペットボトル飲料を買い求める人も稀で、空きペットボトルに水道水を入れて凍らせるなどしている。電車代ももったいなので、移動は自転車や徒歩が基本。その自転車も良くて1万円未満の中国製(外車だぜ)か崩壊寸前の中古。もちろん彼女がいる人もごく稀で、孤独死予備軍も多い。

 でも、いいじゃないか。ボンビーは恥ずかしいことではない。少し不便なだけなのだ。正々堂々と前を向いてがんばりましょう。

 ※今、服は秋物が出ているので、夏物が投売りになっている。今のうちにTシャツを買え。そして、来年着ろ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター