2013年10月31日

 秋晴れ。散歩日和であるが、そんな時間はない。昨日から、FAXやメールが到来。忙しいことは、実にありがたいことである・・・。大感謝。ところで、今日をもって10月は終わり。なんと時間の経つのが早いことか・・・。まさしく孤独死にむかって一直線である。

 ところで、官兵衛関連の拙著のうち、

『黒田官兵衛 作られた軍師像』講談社現代新書



『誰も書かなかった 黒田官兵衛の謎』中経の文庫

は、ありがたいことに重版になりました。感謝でございます。

 『黒田官兵衛・長政の野望 ―もう一つの関ヶ原―』角川選書は、重版こそなっていませんが、類書の少ない「九州の関ヶ原合戦」を描いており、なかなか読み応えがあります。どうかよろしくお願い申し上げます。

 ところで、

 校正等を経て、ようやく『十六世紀史論叢』第2号の印刷にかかりました。執筆くださった方、慣行をお待ちの皆様、誠に申し訳ございませんでした。11月初旬刊行予定です。

 私のことは嫌いになっても、『十六世紀史論叢』のことは嫌いにならないでください!!!

 といいながら、さりげなく目次を掲出します。

赤坂 恒明「天正四年の『堂上次第』について ―特に滅亡前夜の北畠一門に関する記載を中心に─」
小 川  雄「慶長年間の浦賀貿易について ―その実現から破綻まで―」
谷口 雄太「足利氏御一家補考三題」
中 脇  聖「土佐一条兼定権力の特質について」
渡邊 大門「中世後期における摂津国八部郡白川村の在地構造」

 ちなみに、『十六世紀史論叢』バックナンバー『年報赤松氏研究』バックナンバーもたんまり在庫がございます。消費税が上昇する前に、まとめてご購読ください。お願いします。

 『東京新聞』(10月27日付朝刊)読書面に拙著『黒田官兵衛 作られた軍師像』講談社現代新書が紹介されました。お目に留まると幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
65位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター