2014年3月7日 あああああああ

 晴れ。日差しは明るいが、風は冷たい。春は、いつ頃来るのだろうか・・・。

 とにかく忙しい・・・。でも、がんばるしかない・・・。

 過日、ある老女優のゴミ屋敷特集を見た。とにかく何でもかんでも持ち帰って(外食で余った食べ物も)、家に溜め込む。とにかく掃除をしないので、家が汚い。あんなところによく住んでいるな、というのが正直な感想である。

 ところで、もっと驚いたのが、その食生活。賞味期限は一切関係なし。匂いをかいで、多少ヤバくても、煮沸すれば大丈夫という発想。何でもかんでも味噌汁にぶち込んで、オリーブオイルを大量に投入。見ていて、思わずもどしそうになった。そもそもモノを捨てないので、腐ったものもそうでないものも混在し、実に汚い。

 実のところ、老人はモノを捨てない。うちのばあさんも基本的に同じで(さすがに老女優までいかないが)、私が賞味期限のことを言うと怒り出す。自分の鼻(あるいは経験??)が頼りなのは、共通のようだ。私も夜のスーパーで安くなった惣菜を購入し、翌日の昼に食べることがあるが、やはり翌日の昼が限界で、それを超えそうになったら冷凍する。

 今や老人のセルフネグレクトが問題になっているらしい。体力と気力が失せ、掃除をしなくなり、ゴミ屋敷化するらしい。また、老若を問わず、病気で掃除ができない方もいるらしい。難しい問題だ。

 例のゴーストの件、ちょうどテレビでやっていますな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

やばいですね

老人は味覚がバカになるので、知らないうちに味の濃いものを食べたりしますね。
そうなると、腐っていてもわからないのかしら???
われわれも遅かれ早かれ、いずれそうなります・・・。

嗅覚、味覚

年寄は嗅覚と味覚が衰えます。
その結果味付けが出鱈目になり傷んだ食品を鼻で嗅ぎ分けることができなくなります。

私の母も嗅覚が私に比べ相当劣化したやうで冷蔵庫に眠つてゐた食品の発酵臭がわかりませんでした。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター