2014年4月3日 小雨が続く

 小雨。傘を指した人がちらほら。まだ、桜は大丈夫なようだ。

 知っている人は知っているかもしれないが、2日(火)からTOKYO-MXで「機動戦士ガンダム」が再放送されている。むろん、録画して寝る前に見ている。初放映は、昭和54年(1979)のことらしいので、小学校6年生のときだ。しかし、そのときの記憶はあまりなく、たぶん中学生になって、夕方に再放送を見たのだろう。映画が3部作であったが、友達と見に行った記憶がある。

 それまでの「ロボットもの」のアニメは、単に「悪い奴を叩きのめす」だけであった。しかし、ガンダムの場合は、政治的な要素が濃く、ストーリー性があり、これまでの「幼稚なロボット・アニメ」とは一線を画していた。当時、夢中になってみていたが、もう50になろうかとしているのに、なんと幼稚で進歩がないことかと驚きを禁じえない。

 その後、ガンダムは次々とシリーズ化されたが、もう見ていない。それは、ストーリーが難しすぎるからだ。下手な日本史の学説よりも、はるかに難しい。新しいものを「ダメ」と断じ、古いものを懐かしむのは、もはや末期の症状といえるかもしれない。新しいことにチャレンジしないと。頭のボケが猛烈に加速する・・・・・。

 ちょっと失念しかかっていましたが、

『十六世紀史論叢』(1~3号)



『年報赤松氏研究』(3~5号。1・2号は品切れ)

のご購読をお願い申し上げます。『年報赤松氏研究』は4月1日以降の値上げを撤回。倒産覚悟の大セールです。何卒、伏してお願い申し上げます(現実に、4号刊行は資金ショートの恐れがある・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ありがとうございます

無事に届きましたか。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お互いにがんばりましょう!

3号ありがとうございました

『十六世紀史論叢』三号、無事手元に届きました。
自分の手元に全号揃っている論文雑誌は本シリーズだけです!

ガンダムは難しくなって、もうよくわからないですね……。ファーストしか視ていませんw
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
98位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター