2014年5月9日 消滅可能性

 晴れ。今日は近所の大野公民館で講演。近いのが一番だ。

 STAP細胞にしても、韓国の沈没した船にしても、相変わらず釈然としないことが多い。とにかく、すっきりとしてほしいものだ。

 先日、『日本の奨学金はこれでいいのか! 奨学金という名の貧困ビジネス』(あけび書房)という本を読んだ。以前、NHKでも特集を組んでいたので、この問題は多くの人の関心をよんでいる。

 私は奨学金を借りていなかったのだが、これは身につまされる問題である。一文無しの若者に対して、延滞金を含めた高額な支払いを強要し、なお一歩も引かないというのには驚いてしまった。サラ金も闇金もビックリということらしい。私が働いていたときは、旧日本育英会のずさんな奨学金の回収システムに驚いたが、こうも正反対に振り子が振れてしまうのか。困った人は、とにかく相談窓口に飛び込んで欲しいということだった(特に、支援団体の窓口)。

 そして、今朝の新聞では「消滅可能性のある自治体」が話題になっていた。「子どもを産む人の大多数を占める「20~39歳の女性人口」が2010年からの30年間で5割以上減ること」が指標になっており、896自治体が該当する。これは深刻な問題である。千葉県でいうならば、千葉市より東の地域がかなり該当する。そうなると地方自治も成り立たなくなり、大都市に人口が集中することが懸念されるとのこと。特に、地方都市が深刻だ。

 「消滅可能性」といえば、自分自身のことが一番心配だ。消滅しないように、今日もがんばらなくてはいけない。

 昼のニュースを見ていると、レツゴー三匹のじゅんさんが亡くなったと報道されていた。レツゴー三匹といっても、子供の頃の漫才番組で見た記憶があるくらいで、ほどんど忘れていた存在であった。意外と若いと思ったので(68歳)、大変驚いた。今や漫才は芸として成り立たず、漫才師はMCと称する司会や内輪の暴露話か、はたまた高学歴の者はクイズ番組の解答者になるしかない。食うためには仕方がないので、理解はできる。こうなると、漫才師といえないかもしれない。

 父は漫才や落語が好きであったが、晩年は「漫才がおもしろくない」とこぼしていた(漫才の番組も少なくなっていた)。お正月にいっしょに漫才番組を見たが、父も母も笑うことなく憮然として、「おもしろくない」という(私も同感だった)。笑いのツボが違うといえばそれまでだが、もはや伝統文化として成り立たないのか。サクラの笑いが悲しく響いた。昔の漫才ブームのような、おもしろい漫才を期待したいものである。

 笑いは大切である。かつては、学校でも職場でも笑いがあった。いやなことがあっても、笑い飛ばす勢いがあった。しかし、世相が暗くなるにつれ、笑いがなくなり、すべてがマイナス方向に傾きつつある。成功者を妬み、人の失敗をあざけるなどは、その典型例であろう。そういえば、最近笑わなくなったな。笑われることがあっても。とにかく、世の中が明るい笑いで包まれることを願うばかり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

おっしゃるとおりで・・・

関西で休みの日の昼は、吉本新喜劇でしたが、今は見る人がいるのでしょうか?
今、思うと子供の頃は、お笑い番組が多かったですね。
明るい笑いで、暗い世相をふっ飛ばしたいものです。

ありがたいことに、今年の8月に東京のKGのOBの皆さんの前で講演することになりました。
少しずつですが、がんばりたいものです。

王手(KGOB)様もお体に気をつけてがんばってください。

消さないで…

じゅんさんは「半澤直樹」に出ていました。まだまだ活躍されると思っていたので、ショックです。漫才はたしかに変質したような気がします。
奨学金は、貸し手の団体が親方日の丸的な体質では、先が暗いです。
政治家は勇ましい事ばかり言ってますが、貧困に喘ぐ人が増えて夢が消え、町や村が消え、万人の心に響くお笑いを育む土壌も消えつつある事に気づかないのでしょうか? 日本から大事なものが次々と消えそうな危機を感じます。我々も、どこかの国の奴隷になるかもしれませんね。
こんな時代だからこそ、深呼吸して、歴史関連の本(特に渡邊さんの)を読み、じっくり考える姿勢を堅持したいものです。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター