2014年5月14日 市川市つれづれ⑤

 今日は、下手をすれば真夏日になるらしい。死なないように気をつけましょう。

 今日は、近所で食事ができるところを。

 住宅街なので、さほど食べるところが多くないと思っていたら、これが以外に多かった。

・中華料理屋・・・8軒。
・すし屋・・・3軒。
・蕎麦屋・・・3軒。
・ファミレス・・・2軒。
・焼肉屋・・・3軒。
・焼き鳥屋・・・2軒。
・居酒屋・・・4軒。

 これは思いついたところを勘定しただけなので、正しい数字と言えないかもしれない。分類も必ずしも正確とは言えない。一つ言えることは、私の行く範囲が極めて狭いということになろう。それにしても、日本人は中華料理が好きだ。最近は、いわゆる定食屋が減ったような感がある。気のせいだろうか??? 私は別に外食が好きなわけではない。やはり、家族で食卓を囲み、手作りを味わうのが一番だろう。

 前にも書いたとおり、ランチを外食でいただく場合は、自分で簡単に作れるものは極力避けている。たとえば、定食ならば「さばの塩焼き」「豚のしょうが焼」「焼肉」などなど。そんなのは、簡単に作れてしまう。逆に、揚げ物は作るのが面倒で(油が余ったり)、中華も材料を揃えると余ってしまう。麺類はうどんよりも蕎麦を優先する。ラーメンは別格だ。

 外食で問題なのは、量を食べ過ぎることだ。もともと卑しいのか、「ご飯大盛無料」とあれば「大盛」をお願いし、「ご飯お代わり無料」とあれば、お代わりをしてしまう。「麺増量無料」も同じ。また、サイドメニューも無料ならば、ついつい食べてしまう。もう行かなくなったが、バイキングなどは最悪だろう。これが悲劇へとつながっていく・・・。高血圧とか、太るとか。

 一度、そうしたサービスをしている店に行ったとき、ご年配の紳士が「ご飯は小で」とオーダーしていた。そして、ささっと昼食を済ますと、さっさと出て行った。あんなオシャレなオヤジになりたいものだ。


 「終わった」というのは、「はじまり」でもある。また、別のことをはじめる。この繰り返し。

 これは、その世界でも同じかもしれないが、「忙しい」というのはありがたいことなのだ。経験的にいえることは、暇な人間ほど時間を持て余し、余計なことをするものだ。屁の役にも立たないし、当然、業績も上がらない。しかし、人の成果には難癖を付けるという、典型的な悪循環となる。

 忙しい人間は、そうはいかない。手際よく仕事を済ませ、どんどんこなしていかなくてはならない。もちろん、つまらない輩など相手にする暇はない。よくいわれるとおり、忙しい人には仕事が集まる。それだけ評価されているからだ。私もそうなりたいものである(ということは、まだ私は有能な人間ではない)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
87位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター