2014年5月29日 明日は姫路に

 快晴。日ごとに暑さが増してきた。朝は涼しいのだが、そのうち暑くなるのだろう。ただ、今年は冷夏という予報が出ているが・・・。冷夏なら冷夏でいろいろと困るのかもしれないが。

 今日は明日の準備、そして来週以降の準備もする。なかなか大変じゃ。

 すでにお気付きの方もいらっしゃると思うが、最近は文庫や新書でさほど分厚くないのに、1,000円を超えるものが珍しくなくなってきた。私が学生の頃(1980年代後半)は、薄い文庫ならまだ200円前後の時代で、いわゆる選書(角川選書とか)でも1,000円を切るものが珍しくなかった(900円前後)。本が売れていたのだろう。300ページ前後の専門書でも、5,000円前後で買えた。

 前にも申し上げたとおり、経済不況により本の売れ行きが悪くなり、値段が高い単行本は敬遠されている。代わりに文庫や新書のレーベルが増えたのであるが、もう飽和状態である。老舗が有利であるのは間違いないが、数が増えたので、本の寿命が短くなっている。そして、本を書くこと自体のハードルがかなり低くなった(私もその一人)。

 ありていに言えば、①写真や図版の多いもの(文章は添え物)、②難しくなく「さくっ」と読めるもの、③値段の安いものが歓迎されている。考えて見ると、読者すべてが特定の事項について(歴史だけでなく)、専門的に知りたいわけではない。あまり労力を使わずに、すぐに理解できるわかりやすいものが喜ばれる(歴史に限らず)。かといって、読者に何が歓迎されるのかは、誰にも予測できない。

 私の場合、一ついえることは、マジメにコツコツやるしかないという一言に尽きる。

 シコシコと講演の準備中。実は、講演については、いくつかの鉄則がある。

その1 あまりに難しい話をしない。
 → 史料を掲出するのは結構であるが、できるだけ噛み砕いて説明をする。

その2 時間を守る
 → 時間超過は、来ている人の都合もあるので絶対に避ける。サービスなどと思ってはいけない。迷惑になる。

その3 悪口を言わない
 → 歴史上の人物や研究者の悪口を言わない。不快な思いをさせる。少なくとも自己主張の場でないことを自覚する。

 今なら「軍師官兵衛」をご覧になって、講演を聞きに来てくださる方がいるので、ドラマの悪口を言ってはいけない。むしろ、ドラマをおもしろく見るために参考になる話をしなくては。話を聞きに来てくださった方が、「関係する本を読んでみよう!」と思っていただけたら、それで成功である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

恐縮至極でございます

大変恐縮に存じます。
出版社もそれぞれに事情があるので、なんとも申し上げることができません(汗)。
これからもがんばりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

出版事情

いつもブログ拝見しております。本の寿命、確かに短すぎますよね。せっかく本を買おうと思ってもちょっと前に出たばかりの本がすぐ絶版になったりしていて、中古で法外な値段とかついているパターンとか。それだけニーズがある本なのに何で簡単に絶版にしちゃうの?とか疑問です。何はともかくこれからも大門先生の本を買わせて頂きますので宜しくお願いします。

がんばってくだされ!

がんばってくだされ!

明後日

作戦の日を間違うとは全滅危機です。
茶臼山を押さえたら若江に向かいます。

あさってでしたね

すみません。
頭がボケていますね。
明後日の間違いでございます。

明日は茶臼山に夜討ちですか!
返り討ちに遭わないように気をつけてくださいね。

明日は三木泊まり?

こちらは明日は茶臼山に夜討ちをかけます
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター