2014年6月4日 気をつけなくてはいけないこと

 涼しい。そろそろ、扇風機がなくてはいけないようだ。北海道は炎天下のようだ。要注意。

 夏になると、何かと気をつけなくてはならない。テレビCMでも、デオドランド商品(平たく言うと、ニオイ消し)が増えてきたように感じる。昔はそんな商品は少なく、「夏はクサイ」ということが当たり前であった。しかし、今やそんなことは通用せず、衣類の繊維でさえも対策が施されている。特に、30代も半ばを過ぎると、「加齢臭」という厄介な問題が出てくる。その問題を解決するのには、いったいどうすればよいのだろうか???

1 タバコを吸わない。

2 酒を飲まない。

3 肉を食べない(野菜を中心に食べる)。

4 ニンニクなどニオイの強いものは食べない。

5 ストレスを溜めない。

6 適度な運動をする。


 つまり、タバコを吸いながら酒を飲み、ニンニクのたっぷり入った肉を食って、仕事でストレスを溜め、運動不足というのが最悪ということになろう。ちなみに風呂やシャワーは当然であるが、体内から湧き出てくる悪臭には、根本的な対策にならないようだ。もちろん、みんな臭くなればどうってことない。

 それにしても、世の中の清潔志向が極端に進行する中、一方で「ゴミ屋敷」などの問題も存在する。いったい、どうなっているのか? 最近、テレビでよくみかけるハーフ・タレントは、狭いマンションの一室でゴミの中に住んでニコニコしていた。デブ・タレントは何度掃除をしても、とにかくゴミだらけ。食べたものも衣類もめちゃくちゃで、腐ったものもそのまま放置。テレビを見ていて、ゲロを吐きそうになった。人の感覚は不思議ですな。

 コラム「黒田官兵衛の虚実に迫る!」を更新しました。こちら

 今日も変わらず突貫工事だ!

追伸↓

☆丹波学講座「戦国の世と丹波Ⅱ ~光秀と丹波~」
兵庫丹波の森協会丹波の森公苑主催 12月13日(土)。申込等は、こちら

 最近になって、ある重大なことに気がついた。ある史料集の1・2巻が刊行され、「へえー」と暢気に思っていたら、「新訂増補」と書いてあった。不安になって確認すると、なんと旧版は1・2巻合わせて約2,500ヵ所の誤りがあったという!

 旧版も高いと思ったが、、「新訂増補」はもっと高い。「タダで交換してくれよ」と思った。せめて正誤表を作成して、タダで配るとか。してくれねえだろうな。たぶん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

たしかに

官兵衛が村重に幽閉されたとき、秀吉も裏切ったと考えた可能性はありますよね。
大河の秀吉は、ちょっとお人好し過ぎます。
最近の研究では、村重が中国計略から外され、秀吉に代わったことも重要視されています。
根は光秀と一緒なのでしょうか???

えーと

この時秀吉は官兵衛も裏切ったかもと考えたのでしょうか。

村重は官兵衛が取次の窓口を勝手に、村重から秀吉に代えやがった
と根に持っていたんでしょうか。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
101位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター