2014年6月15日 サッカー日本、負ける

 快晴。暑い。昨日は、上総大多喜城立葵の会主催の講演会(「黒田官兵衛そして本多忠勝」)で話をしてまいりました。これまでも一番聴講にご熱心で、寝ている人は一人もいませんでした。同会は本多忠勝公の顕彰を目的とし、毎年4回程度の講演会を行っています。若い方にも忠勝を知って欲しいとのことで、副読本を作成されたとのこと。地道な活動が実を結んでおり、誠に頭の下がる思いがしました。

 今日はサッカー・ワールドカップの日本代表の初戦。相手は、コートジボアールだ。テレビで観戦した。前半、日本は本田(ホンダ違いですな)の先制ゴールが決まったが、後半は立て続けに得点を入れられて逆転負けした。とにかく点が取れない。ゴール前で形が作れない。中盤からの押し上げが弱い。サッカーは点を取らないと勝てないので、もっとアグレッシブに臨んでほしいものだ。次はギリシャ戦であるが、最悪でも引き分けに持ち込まないと、グループ・リーグでの敗退が決定する。何とかがんばって欲しいものである。

 といっているうちに、投稿中の論文の掲載が許可となった。でめたし、でめたし・・・。

 最近、老眼気味なのは以前に申しあげたとおりであるが、高血圧や頭のボケなど、少しずつ病状が悪化しつつある。また、耳が遠いような気がしてきた・・・。携帯電話で話をしていると、聞き取りにくいことが多くなった。補聴器の出番か??? 心臓の動きも悪いようだ。ペース・メーカーでも入れてもらうか??? もう末期の段階なのはたしかだ。

 そのようなことで、自分にニックネームをつけてみた。

 「マッキー」=「末期ー」

 なかなかのネーミング・センスだ。今度、私に会った人は、「マッキー(末期ー)」と呼んでください。今度から著者名義も「マッキー(末期ー)・渡邊」にしようかな???
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

やはり

やはり、ワールドカップでは何が起こるのかわからないので、ちょっと甘かったですね。
ただ、各グループでも番狂わせが次々と起こってますから、奇跡を待ちましょう。

日本敗戦

 現行の32チームで行われるようになった98年フランス大会以降、黒星スタートを切った46チーム中、1次リーグを突破したのは4チーム。データ通りならば日本の1次リーグ突破の確率はわずか8・7%だそうです。
グループ内最弱といわれているギリシャに勝てないと、予選突破はないのでは。それと、コートジボワールを甘く見過ぎのマスコミの論調には疑問に思っていました。
参考 <英公認ブックメーカーのウィリアムヒル社発表のW杯優勝オッズ>
ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、スペイン、ベルギー、コロンビア、オランダ、イタリア、ウルグアイ、イングランドの順。日本は18位で、コートジボワールと同率。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
57位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター