2014年8月12・13日 再放送の「1リットルの涙」の最終回を見て号泣する

 暑いとはいいながらも、昨年よりはかなりマシなようだ。

 再放送の「1リットルの涙」の最終回を見た。もう号泣ものだ。ちなみに、泣くときはタオルを用意しておくこと(理由は後述)。それにしても陣内孝則が演じるお父さんの役は実に見事で、つとめて明るく振舞おうとする姿には泣けてくる。妙なハイテンションがさまになっているのだ。ところが、これが「軍師官兵衛」で演じた宇喜多直家になると、???となる。不思議なものだ。ぜひ、DVDでも借りて見てくだされ。

 「1リットルの涙」の原作は、ちゃんとある。ありていにうと、原作とドラマはまったくの別物といってもよい。原作は幻冬舎文庫から刊行されているが、こちらも号泣もので、私は電車の中で泣きながら読んだ。どこが違うかといえばキリがないが、主人公と同級生とのラブロマンスなどは、その大きなひとつだろう。「何だよ! 原作と違うじゃないか!」などとは言わないで欲しい。原作を生かしたフィクションなのだ(ドラマではそうことわっている)。原作は原作ですばらしく、間違いなく泣ける。ただ、そのまま映像化すると、難しいのかもしれない???

 なぜ泣ける映画やドラマを見るときに、タオルが必要なのか。実は先月のことであるが、ある映画をDVDで見ていたとき、号泣して手で涙を拭いていたのであるが、人差し指の爪が目玉の白身に当たって、血が噴き出した。「1リットルの涙」ではなく「血の涙」だ。鏡で見ると、目が真っ赤になっており、翌日病院に行った。結局、数日で直った。以来、号泣する映画を見るときは、タオルをそばに置くことにした。ちなみに目玉の黒身に傷がつくと、おしまいらしい。

 バカみたいに映画を見ているが、好きなのはやはり号泣モノだ。号泣できるか否かは、感情移入ができるかどうかだ。あまりに臭すぎると、バカバカしくなってしらけてしまう。ちなみに「千と千尋の神隠し」のようなアニメでも、何度見ても泣ける。なので、泣ける映画のDVDは、安ければ買うことにしている。

 それにしても「一人ブラック企業」は誠につらく、海水浴にでも行きたいところだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ボケ

先週はありがとうございました。
もう頭がボケていますね・・・。

早くも

明日にフライングしましたね。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
65位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター