2014年10月29日 今日もがんばるか

 晴れ。今日もがんばるか。

 こういう仕事をしていると、思いがけず助けていただくことが多い。以前、ある図録が必要になったのであるが、もはや在庫がなく困っていたところ、コピーして送ってくださった博物館があった(送料など当方負担)。図書館では著作権の関係で難しいところもあるので、大いに助かった。

 また、自治体史を購入したいと思い、連絡をすると、残念ながら在庫なしということもある。しかし、自治体によっては、「必要部分をコピーして送りましょうか」とおっしゃっていただくこともある。ただ、史料の場合は著作権の制限もなく、都立図書館へ行けば10円でコピーできるので、よほどのことがない限り、自分で複写するようにしている。

 考えてみると、たくさんの方のご助力があって、成り立っているのだと痛感する。

 ところが、一方ではそうでないこともある。ある資料館にしかない資料(レジュメ)を入手したいと思い(たぶん数枚程度)、コピー代と送料を払うので、何とかならないか相談したところ、「当資料館に備え付けてあるので、来館してコピーしてください」との回答があった。その資料館に行くには、往復10時間余の時間と3万数千円の費用がかかる。

 自分の願いが叶ったから、「いい対応です」とまではいわないが、歴史に関心のある層が確実に減っているので、費用は当事者がもつとしても、温かい対応をお願いしたいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター