2015年1月20~23日 クロネコ「メール便」廃止に伴い、『十六世紀史論叢』などの送料の一部の負担をお願いしようと考えている件について

 曇り。のち雨らしい。

 昨日は某所へ出没。ゲラを預かってきた。同時に、いろいろと話をしてきて、とりあえず手応えを感じた次第。ここまでは良いのだが、今朝の新聞を読んで大衝撃を受けた。

 表題のクロネコ「メール便」は、郵便のように重さではなく、1cm(82円)、2cm(164円)と厚さで料金が決まっている(重さは1kgまで)。庶民のありがたい味方であり、それゆえ『十六世紀史論叢』などの送料負担を購読者にお願いせずに運営が可能になっている。ただ、法律上、信書(書状など)は送ることができない。

 今回、信書とは何かでクロネコと総務省が揉めており、下手をすれば利用者が犯罪者になりかねないとの理由から、クロネコは今年の4月1日からメール便を廃止するとのことである。ただし、新たなサービスが生まれるとのことだが、値段はかなり上がるらしい。

 つまり、わが『十六世紀史論叢』もこれまではクロネコ「メール便」の存在を前提として、送料を無料としてきた。しかし、クロネコ「メール便」が廃止されると、郵便局を利用せざるをえなくなり、当然、送料は上がってしまう。そうなると、『十六世紀史論叢』なども「送料無料」を断念し、その分を転嫁せざるを得なくなるのか、と今朝から悩んでいるところだ。周知のとおり、郵便は「厚さ」ではなく、「重さ」で値段が決定している。

 まだ、値上げするかどうか、結論は出ていない。

 とにかく言えることは、3月31日発送分(←ここがポイント)までは送料無料の扱いを継続するので、それまでに取り合えず講読をお願いしたいということです。また、『年報赤松氏研究』3号は在庫が残り10冊を切りました(増刷はしません)。

 『十六世紀史論叢』と『年報赤松氏研究』のご購読をお願い申し上げます。それしか申しようがございません・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: クリックポストも信書不可

ありがとうございます。
やはり、郵便局だけに信書を扱わせるのは不公平ですね。
今や塩だって、専売方式ではないですから・・・。

クリックポストも信書不可

クリックポストも信書の扱ひが不可なんです。
つまりゆうパック、宅配便と同じ扱ひなんですね。

なかなか1cm厚に収まる荷物は少ないので3cmまで164円で受け付けるクリックポストは魅力的です。
ハードカバーの本は2cm厚に入らずゆうメールになるものがこれまでありましたから。

Re: 倍額の上に

やはり、クロネコメール便は止めてほしくないですね。
署名運動でもしようかしら???

倍額の上に

郵便より若干安いかな、でもクレジットカードがないと使えないのか。
困ってる人多いでしょうね。

Re: 郵便局のクリックポストでせう

ありがとうございます。
いろいろな方法があるのですね。
それにしても、これが国家の暴挙というのでしょうか・・・。
考え直してほしいものです。

郵便局のクリックポストでせう

郵便局のクリックポストをどうぞ。
ヤフープレミアム会員になる必要がありますがヤフオクをしてゐれば会員ですから。
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/promo/clickpost/
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター