2015年2月16日 テレビの自主規制

 晴れ。今日は暖かいらしい。

 以前にも書いたが、今のテレビは自主規制をしているので、昔のような芸能人水泳大会での「ポロリ」とか、ドラマのお色気シーンも放映されなくなった(私も用語については自主規制している!?)。再放送する場合は、カットかモザイクだ。昔のドラマは、問題ある用語も使用されていたので、その部分はあえて音声をカットする(「ぶつっ」と音がする)。たとえば、一昨年MXで再放送された「タイガーマスク」はぶつぶつ音声が途切れていた(最初のテロップで、当時のまま放送すると断っていたが)。それゆえ、そういう箇所が多いドラマは、今後放送が難しくなる。

 個人的に懐かしいのは、心霊、UFO、ノストラダムスの大予言、川口浩の探検隊などだ。

①心霊
 昔、サンテレビ(兵庫県のローカル局)で「ビックリ大集合!」という番組が放映されていた。司会は、ロボコンのお父さん役の大野しげひささんだった。この番組は心霊やオカルトを取り上げており、翌日には子供たちの間で話題になった。特に、心霊写真では、わざわざ日光華厳の滝に行って写真を取り、人の顔のようなもやっとした部分を見せ、「これは自殺した人の怨念です」と盛んに言っていた。まだ子供だったので、正直言って怖かった。

 ほかにも類した特集番組はたくさんあった。死んだ人の霊が乗り移って、イタコのフリをするだとか、それで話題になった人もおり、真偽をめぐって論争になった。

②UFO
 これもかつては、盛んに放映されていた。朝起きたら、勝手にキレイに草が刈られていたとか(何とかサークル)、牛が血を流さずに殺されていたとか、宇宙人にさらわれエッチなことをされたとか、などなど。UFOの写真は、いつも腐るほど取り上げられていた。このときの殺し文句は、「NASAに真相を確かめるべく問い合わせたが、回答はなかった」というもので、UFOはアメリカのトップシークレットということになっていた。とにかく子供だったので怖かった。

 今考えてみると、NASAも忙しいので、いちいちばかばかしい質問に答える必要もなく、さぞかし迷惑だっただろうな、ということだ。陰謀説とやらは、絶対に信用できない。

③ノストラダムスの大予言
 これも盛んに放映されていた。フランスの詩人・ノストラダムの詩を翻訳し、1999年に地球が滅亡すると予言したもの。この予言詩は、ほかにも数多くの予言を的中させていると話題になった。先輩によると、この本を書いた著者は関連本を出版するたびに売れに売れ、百何十刷にまでなったそうだ(そういうのがシリーズとしてたくさん出た)。ときに「惑星直列」とか専門用語も飛び出し、あたかも学問的な裏付けがある印象を受けた。

 1999年に巨大な隕石降ってくるとか、宇宙人が攻めてくるとか、原子力発電所が大爆発するとか、やれ大地震か、米ソの戦争か、などと、大人が真剣に(?)議論していた。

 でも、1999年には何も起こらず、みんなこのことを忘れてしまった。

④川口浩の探検隊
 この頃にはもう少し大人になっていたので、周囲も含めて「これが本当だ」と思って見ている人は皆無であったように思う。むしろ「真剣なギャグ番組」と思っていたようだ。コミックソングで馬鹿にされていたくらいである。挙句の果ては、番組スタッフがムチャクチャしていたことが露見し、番組は終わった。このあたりから、テレビの「やらせ」が問題になったように思う。

 比較的許せないのが、糸井重里が出ていた「徳川埋蔵金」だ。1回だけかと思ったのだが、「今回はダメでしたが、次回は・・・」ということで、ありもしないものを長く引きずって、視聴者の怒りを買った。

 要するに、

①テレビは公共性が強いので、ウソか本当かわからないいいかげんなものを放映できない、

②心霊などは、心霊商法につながるなど犯罪を助長する可能性がある、

 ということになろう。番組でやたらと「個人の感想です」とテロップが流れるのもその一つだ(健康関係が多い)。ただ、逆にテレビがおもしろくなくなったのも事実である。

補足

 では、学者などがなぜ「そうしたウソ」に反論しないのかであるが、NASAと同じく「そんなウソ・デタラメに付き合う暇はない。研究の時間が惜しい」というのが本音であろう。反論すれば、違う問題が生じることもあるし(誹謗中傷、いやがらせとか)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: No title

こちらこそ、拙著をご購読いただき、誠にありがとうございます!

引き続き応援をお願い申し上げます。

厳しい寒さが続きますが、どうかご自愛くださいませ。

No title

ご丁寧にありがとうございます!

昨年の秋頃に「謎とき東北の関ヶ原」が地元の新潟日報で紹介されまして興味があり購読して読んだのですが、とても分かり易く、初めて知るような事が沢山あり、とても勉強になりました。次は「大坂落城」読みます!

「独眼竜」は渡辺謙、勝新太郎、津川雅彦などなど濃い役者が多くて、演技につい見入ってしまいます。

ブログ楽しみに見ております!健康に注意して下さいね。
お忙しい中、ありがとうございました!またお邪魔します。

Re: No title

> 家康は大坂の陣で秀頼の命を最初から奪うつもりだったのでしょうか?
> 最近NHK大河「独眼竜正宗」の再放送見て思ったのですが。

「独眼竜政宗」ですね。
実は見ていなくて、誠に申し訳ございません。

段階を踏んで考える必要はあるのですが、家康は基本的に豊臣家を滅ぼそうとは思っていなかったと考えています。
ただ、配下に収まったらよいと思っていたはずです。
そして、冬の陣が起こったわけですが、和睦をを結んで終わったと考えていたと思います。

図らずも夏の陣が起こったわけですが、最後は秀頼を殺さざるを得なくなったと考えたことでしょう。
その辺りは、拙著『大坂落城』角川選書を図書館で借りて読んでいただけると幸いでございます・・・。

回答が要領を得なくてスミマセン。

No title

普段の?ブログに戻って良かったです。
質問して宜しいでしょうか?
家康は大坂の陣で秀頼の命を最初から奪うつもりだったのでしょうか?
最近NHK大河「独眼竜正宗」の再放送見て思ったのですが。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
82位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター