2015年3月11日 大震災

 晴れ。まだ寒い。しかし、朝の最低気温は、上昇しつつあるらしい。

 今日で東日本大震災から4年が経った。実はどちらかといえば、1995年に発生した阪神・淡路大震災のほうがよく覚えている。不思議なものだ。

 阪神・淡路大震災のときは京都に住んでいたが、早朝に下から突き上げるような激しい揺れ方をして大変驚いた(ドカーンという感じ)。少しばかり物が落ちるなどの被害があったものの、さほど大きなものではなかった。その直後、テレビのスイッチを入れると、承知のとおり神戸などは阿鼻叫喚の世界となっていた。もはや地獄絵図である。

 急ぎ、当時勤務していた大学に行くと、学生などからの電話がじゃんじゃん鳴っていた。大学に行けないからであり、授業や試験をどうすればよいのかわからないからである。ところが、今でいう「危機管理」はまったくなっておらず、対応は「今から措置を決めるので、あとから電話をかけてきなさい」というものであった。当然、学生諸君は怒る。

 その措置を決定するのに、かなり時間がかかったように思う。その間、主要な新聞には各大学が広告を出し、問い合わせ窓口を設置したこと、無事であることを知らせるようにとのこと、授業料は受けた被害によって免除とすることを知らせていた。素早い対応である。なぜか、当時の勤務先は対応が後手に回り、そういうことは一切していなかった。

 その後、問い合わせ窓口は設けたものの、対応は決定しておらずお粗末なもので、私も担当したが、怒鳴られる一方でミジメな思いをした(明解に指示をできないので)。とにかく怒号の嵐であり、気が重かった(わかりません。まだ決まっていませんしか言えないし)。窓口に来る学生の中には怒りを抑えきれず、怒鳴りまくる者もいた。それはそうだと思う。

 やはり、素早く情報収集し、即座に的確な判断を下すことが重要である。

 一方の東日本大震災のときには、三郷市に住んでいた。こちらは、最初に揺れ出すと、徐々に揺れが大きくなり、やがて信じがたいような大きさになった。本もたくさん落ちた。「あー、びっくりした」と思いテレビをつけようとしたが、壊れたのかつかなかった(あとでテレビをつなぐ線が抜けていることに気付いた)。

 近所の八百屋さんに行くと、「大変だ!」という感じで、津波と洪水と火事で恐るべき状況になっていた。友人に電話をしようとしたが、もちろんつながらない(あとで少しずつつながった)。外に出ると、多数の車が渋滞しており、翌日にはガソリンスタンドに車の長い行列が出来ていた。多くの歩く人の姿も目に付いた。

 葛飾区のほうのスーパーやコンビニでは、食料品や生活の日常品の品切れが目に付いた。しかし、三郷市のほうでは、そうでもなかった印象が残っている。なので、そんなに困ったという記憶はない。その後、テレビの報道で全貌を知ることになり、大変驚くことになる。とにかく悲しくなってしまったが、何もできなかった・・・。

 二つの震災では、多くの人々が図らずも命を失った。中には将来に明るい希望を持っていた人も多かっただろう。そう考えると、私みたいな役立たずでも、そうした人々の遺志を継いで、文句ばかり言わずに前向きに努力し、精一杯がんばって生きて行くことが重要なのだろうと思った。合掌。

追伸

 17時30分頃、腹が減ったので「ぎょうざの王将 本八幡店」に入店。中華飯が目当てであったが、フェアで麻婆豆腐が安かったので(とはいっても50円だが)、プラスでライス大とともに注文する。麻婆豆腐は量が多くマイルドな辛さで、辛口が好きな人には少し物足りないかもしれない(ラー油を掛けたらいいだろう)。ご飯は以前よりずっとうまくなった印象がある。

 ところで、かつて「ぎょうざの王将」は安く、チャーハンなどは400円出せばお釣りが来た。ギョウザも200円しなかったはずだ。しかし、最近はそれら基本メニューに加えて、定食類の高さが目立つ。近隣には激安中華がたくさんあるので、うかうかしていられないはずである。そんな中では、ジャスト・サイズメニュー(少なめの量)は一人飲みのときにはありがたい。今後、安くなる方向で値段改定をお願いしたいところだ。

 また、今日はちょっとしたトラブルがあった。私より先にギョウザ定食を注文した男性客がいたのだが、あとで注文した私の麻婆豆腐と大ライスが先に来てしまった。男性客は自分があとになったので激怒し、「キャンセルだ」といって出て行った。実は、ぎょうざは焼くのに案外時間がかかる。しかし、麻婆豆腐はさっと炒めるだけなので早くできる。メニューにより順番が前後するのは仕方がないが、穏やかに行きたいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: 震災

関西方面では、めまいだったのですね。
関東では微震がよくあるので、最初はすぐに終わると思っていました。
しかし、どんどん酷くなって慌てたことを思い出します。
私も、あの恐怖は忘れられません。

震災

東北の震災発生時は仕事中でした。場所は大阪府堺市。急にフラ~っとして、めまいがして体調が悪くなったのだと思いました。寝不足か何かかな…と。後で聞いたら、他の職員もめまいがしたと言ってました。こちら方面では、めまいの人が何人もいたようです。距離は離れていますが、この波の伝播。あのめまいの記憶は一生忘れません。

Re: 京都王将

ありがとうございます。

仰せのとおり、王将は「汚い、安い」というイメージが強いです。
以前、三郷市に住んでいたとき、亀有の王将に行っていましたが汚かったです(そのほうがよいです???)。
床は油でつるつるとか。
ところが、本八幡の王将はキレイですよね。
違和感があります。

ただ、関西のほうでも、徐々に値段が上がっているようです。
国産の原材料にシフトしつつあるとか。
仰せのとおり、あの界隈は安い中華屋が多いので、値ごろ感としては高いと感じてしまいます。
中国の方が経営している店があんなに多いとは知りませんでした。

やよい軒のHPを見ると、今は改装中で3月中に再オープンの予定のようです。
大戸屋もコルトンに行きましたね。
もっと安い定食屋を探さなくてはと思っています。
「四季」の500円定食は、質量ともにちょうど良いと思います。

なんとローカルな話題でしょう!

京都王将

渡邊さんは知つてゐると思ひますが王将は関西と関東では価格が異なります。
神戸の地震の頃二年半ほど奈良にゐました。
地元で王将は安い代りに衛生管理に疑問がある店と認識されてゐたやうです。
私はよく行つてゐました。

その頃から新宿御苑の近所に王将がありますが価格が高いのです。
高いのは王将らしくないので関東の王将には全く入つてゐません。

先日八幡の王将が値引券を配つてゐましたが結構な値引き額でした。
但店の前まで行くと元値が高い。
昔の関西の王将の感覚では値引いてもらつても入る気がしません。
その金額なら別の店に行きます。

王将は安くすることを止めて普通の店に方針変更したやうですが昔を知るものからすれば入る気がしません。

さういへばやよい軒はどうして閉店したのでせう。
大戸屋はコルトンプラザに移りましたし。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
101位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター