2015年3月18日 北の国から+不都合な真実

 晴れ。昨日よりも気温が低いというが、非常に暖かい。でも、自宅で逼塞。昨晩は、実家から名物の「釘煮」が送られてきた。これが送られてくると、もう春だと実感する。

 近くのレンタル屋で「北の国から」の続きを借りてくる。昔は思わなかったが、「北の国から」はほとんど田中邦衛の一人芝居状態であることがわかった。ほかにも渋い脇役が登場するが、田中邦衛の存在は圧倒的である。わざとオーバーアクションで演じているのか、素のままで演じているかわからない。昔は、テレビのお笑い番組で田中邦衛のモノマネ(ほとんどすべてが「北の国から」)が流行ったが、何だかわかるような気がした。今や、社会派ドラマ、ヒューマン・ドラマは流行らず、時の流れを感じる・・・。

 不都合な真実について書いておこう。

 実は、かつて拙著『戦国期赤松氏の研究』岩田書院(2010)の売れ行きがよく、在庫がなくなりかけていたので10冊を追加購入した(在庫の状況は岩田書院のHPで確認できる)。理由は、在庫がなくなると追加購入できなくなるからだ。痛い出費であったが、いたしかたない。いや正直に言うと、もうひとつ理由ある。

 在庫がなくなったら古書価が上がると考え、生活に行き詰ったら、オークションなどで高値で売ろうと思ったからである。ウッヒッヒ。ところが、もうなくなるという寸前、岩田書院さんから「重版します」と連絡があり、驚愕して倒れそうになった。著者に「ダメです!」という権利があるのか否か知らないが、思わず「ありがとうございます!」と返事をした。そして、200冊が増刷されたのである。

 ここで、もろくも私の目論み(?)は失敗したのである。

 妙なことを考えたら、いかんぞえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: 釘煮

おっしゃるとおりの形態です。
佃煮ですので、ご飯のお供には最高です。
うちは自宅で作っていますが、今や面倒くさいので、スーパーで買ってくることが多いようです。

きっと、官兵衛も食べたことでしょう???

釘煮

ちりめんじゃこが黒く固く甘辛くなった感じですか。
似たようなのがこちらのスーパーにもありますが、播磨名物の家庭料理のようですね。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
29位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター