2015年3月21日 捜索願の提出

 曇り。来週からまた寒くなるようである。用心。用心。老体に急激な気温の変化は深刻なイメージを与える。4月から環境が変わるので、ここは体調を崩さないようにしなくてはならない。

 先日から作業をしており、すっかりヘロヘロである。ものを書いていると、だんだん机の周りが本でいっぱいになる。ちゃんと、その都度もとあった場所に戻せばよいのであるが、そうしないので面倒になる。昨日もある本が見当たらなくなって、往生してしまった。外に持ち出した覚えがないので、部屋のどこかにあるのは間違いないのだが。

 熊のように部屋の中や家の中をぐるぐる回り、本の捜索活動をしてみる。すると、ふと懐かしい本を手にして、思わず読み耽ってしまう。これが時間の無駄。その後も、ヘリコプターで捜索活動を続けるが見つからず、ついに捜索願を提出する。むろん警察に出すと、その場で逮捕されるので自分に出すわけであるが・・・。

 そして、先ほどようやく発見。なんと背表紙が見えておらず、反対向きに書棚に刺さっていた。これで一件落着である。取り急ぎ捜索願は取り下げた。ちなみに、抜き刷りは背表紙すらないので、捜索がさらに困難になる。こちらのほうが事態が深刻であり、早々に対策を練らなくてはならない。

 実は、本棚にはよく使う本を除いては、かなりアト・ランダムに本が並んでいる。これをある程度秩序立てて並び替えることが喫緊の課題である。早速、プロジェクト・チームを発足させた(一人しかいないけどね)。

 話題は変わるが、先日ある小説を図書館で読んだ。ご存知のとおり、小説は天地左右のスペースがゆったりしているものが多く、活字が大きく行間も広めである(間逆のものもあるが)。この本は180ページくらいあったが、400字詰め原稿用紙に換算すると、200枚程度になるのだろうか。そう多くはない。

 話の内容はほぼマンネリで、半分くらいは以前読んだ内容の反復であった。私小説につきものの問題であるが、よほど熱烈なファンでなければ、飽きがくるのではないかと思った。

 もう1冊読んだ別のジャンルの本は、開いた口が塞がらなかった。この本については、コメントや詳しい内容を差し控えたいと思う。毎度のことであった。

追伸 「北の国から92・95」

 続きで「北の国から 92」を見る。懐かしい裕木奈江が出ていた。純が妊娠させるという話。菅原文太が出てきて殴り倒し、田中邦衛を呼びつけ「誠意って何かね?」という名セリフを言った話。少しずつ田中邦衛の凄味がなくなって来て、少しマイルドになった感じである。まあまあでしたな。

 その続きの「北の国から 95」は、宮沢りえが純の恋人で元AV女優という設定である。まだ若くてピチピチしていた頃である。これがまた切ない話である・・・。ついでに、蛍も妻子ある医師と駆け落ちするというむちゃくちゃな話である。いっぺんにこんなに不幸が起こると、どう対応したらよいのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re: 本棚

アイデアありがとうございます。

ニトリの書棚が安くて頑丈です。
かなり重たいですが。
本は背表紙が見えるようにするのが鉄則だそうです。
平積みは行方不明者を出す元凶とか(私もしていますが)。

いずれにしても難題です。

本棚

僕は、本を棚に入れるようにしていますが、本格的な本棚は高くて買えないので、ホームセンターで売っているような、カラーBOX(1000円くらいのやつ)とA4版のカラーBOX(もう少し高い)を組み立てて、入れてます。そこに、県別や地域別、種類別に入れるようにしています。と言っても、入りきらない本が平積みになっているので、探したりするようになったりするんですが・・・。
プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
82位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター