2015年5月15~19日 車谷長吉さん訃報

 今朝は雨。午後からは徐々に止むらしいが・・・。もはや多忙さもピークに達しており、明日、明後日と打ち合わせなどがある。忙しいことは大変ありがたいことである・・・。

 今日も急遽依頼のあった原稿書きや台本チェック、そして某誌に投稿した論文(「戦国・織豊期の兵庫津について」)の校正をすることになり、また引き続き著作などの原稿書きがある。とにかく暢気にはしていられないので、お仕事の依頼は大歓迎です。何なりとお申し付けください。よろしくお願い申し上げます。

 16日(土)は史跡見学会で、いつもながらIさんのお世話になった。白山駅を起点にして、主に日本の近代文学を築いた人々の史跡を巡った。碑のみが残るケースが多かったが、場所柄は当時の趣を感じさせることが多く、大変おもしろかった。最近は古写真を見るのが好きになり、今と昔を比較するのもおもしろい。ちなみに、市川市でも市制80周年を記念して、写真集が刊行されている。次回もまた何か企画したいと考えている。

 ただ16日(土)は急にできた用事のため、恒例の飲み会をキャンセルしてしまったため、大変申し訳ないことになってしまった。翌17日(日)は所用で横浜に行き、山下公園や赤レンガ倉庫などを見た。今生の良い思いでになった。中華街には初めて行ったが、あまりの人の多さに驚いた。「時間無制限食べ放題1,680円」の店が多かった。やはり、本八幡の「一品香」が最高だろう。

 とはいいつつも、ここ数日には驚きのニュースが多かった。簡易宿泊所の火事には驚いたが、またまた少年による殺人事件があり、暗澹たる気持ちになった。さらに「大阪都構想」も断念に追い込まれ、某政党の存亡が懸念されている。彼の任期が切れる年末には、空中分解してしまうのだろうか??? 私にも日本困民党の設立チャンスがあるのか???

 新国立競技場の問題もクローズアップされた。とにかく工事費が高騰しており、開閉式の屋根の部分が見送られ、一部は仮設スタンドでしのぐという。昔のオリンピックは「国威掲揚」の目的で開催され、また「儲かる(=ビジネスとして成立する)」といわれたが、近年はそうでもないことが明らかになった。もうオリンピックのために新しい施設を次々と建てるのは、ヤメにしたほうがよいだろう・・・。カネを使うなら、貧困対策や社会保障である。100mを9秒台で走るのは、もはや金持ちの道楽であり、自己責任でやって欲しいものだ。

 そんな中で驚いたのが、車谷長吉氏の訃報である。私は彼の熱心な読者の一人であり、これまでの作品をほとんど読んできた。同郷でもある(彼は姫路市、私は三木市)。ご存知の方も多いと思うが、彼の経歴は複雑であり、40代後半に小説が注目されるまでは、料理屋の下働きをしていた。また、かなりの晩婚である(奥さんは詩人)。小説だけではなく、随筆も面白い。

 奇行でも注目され、基本的に風呂には入らない、社会の窓(=ズボンのチャック)は閉めないというポリシーがあるようだ。ただ、どこまで本当なのかわからない。晩年は精神的な疾患で苦しんだ。最近は新作がなかったので、どうしているのかと思っていたが、誠に残念なことになった。ご冥福をお祈りしたい。なお、彼の著作集が刊行されているので、そちらをご覧いただけると幸いである。

 とは言いながらも他人事ではなく、もはや私も終焉を迎えつつある。人様の迷惑にならないように、ひっそりと死にたいものである。孤独死は避けられないが・・・。

追伸1 なぜだ!?

 最近、年の差婚がブームのようである。ハンマー投げの室伏選手、野球のラミレス選手など一回り(12歳差)も年が違ったカップルが次々と誕生している。カトちゃんに至っては、おじいさんと孫クラスの年の差だ。なぜなんだろうか???と考えてみたが、わからないまま生涯を終えるのだろう。私の場合は年なので、介護要員になってしまうのだろうか??? 年齢が近いと老々介護になってしまうな、と。

 本日、『十六世紀史論叢』を発送しました。


追伸2 やはり厳しい

 『十六世紀史論叢』は大変ありがたいことに、一度に4冊の注文があった。同じ号なので、仲間でまとめて注文したと思う。また、史跡見学会の仲間もご購入いただいた。誠にありがとうございました。厚くお礼を申し上げまする。「同情するなら買ってくれ!」と恐ろしいことは言わないが、ご関心のある方はぜひご購読ください。とはいえ、厳しいことには変わりがなく、「マッチ売りの少女」ならぬ「雑誌売りのおっさん」という状況である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ありがとうございます

いつもありがとうございます。
ご質問の件ですが、今、ぱっと思いつかず、あったのかなあ・・・という感じです。
誠に申し訳ございません。
江戸になると腐るほどあるのですが・・・。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

毎日拝見しております。
室町時代の一般庶民の生活が書かれている書物などあるのでしょうか?もしオススメがありましたら教えて下さい!

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
67位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター