2013年6月18日

 曇。蒸す。

 昨年刊行した 天野忠幸 片山正彦・古野貢・渡邊大門 編『戦国・織豊期の西国社会』(日本史史料研究会)の諸論文が『史学雑誌 回顧と展望(2012年)』の中世のところで、たくさん紹介されていました。1000ページを超える本で、収録論文数もハンパではなかったのですが、紹介されてよかったです。日本史史料研究会のみなさま、企画・提案を受けれてくださってありがとうございました。同書は、こちらからお求めください。安いし、おとくです。

 ただ、非常に残念だったのが、近世初期にかかる論文。仕方がないことかもしれませんが、毎度、文禄~元和年間は中世でもなく、近世でもないような扱いです。その影響があったのか、紹介されていませんでした。おそらく近世初期の研究をしている人は、『戦国・織豊期の西国社会』は中世の本だ、という認識があったのかもしれません。

 ちなみに私の著作と論文は、10点ほど紹介されていました。誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
112位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター