2015年10月6日 快挙!!!

 秋の深まりを感じる今日この頃である。今朝は晴れ。しかし、朝夕の冷え込みは強くなり、日中の気温も20度を超えるくらいに落ち着いてきた。「学問の秋」「読書の秋」であるが、前途は暗い・・・。たとえば、ほぼ毎日走っているが、体重はなかなか落ちず、血圧も同様である。進歩がないのは、誠につらいところ。

 連日、殺人、強盗、痴漢、賭博など、嫌な話題には事欠かない。いうまでもないが、良いことは広まりにくく、悪いことはおもしろおかしくすぐに広まる。嫌な時代になったものだ。

 そんななか、私の誕生日にラグビー日本代表がサモアに勝ったのは、誠に素晴らしいことであった。快挙だ!ぜひ、次戦のアメリカにも勝って、ベスト8に進出してほしいものである。ガンバレ!!!

 昨日の大村智先生のノーベル賞(医学・生理学)受賞も快挙であった。テレビで何回聞いても、研究の内容は良く理解できないが(アホなもので)、とにかく疫病を根絶する薬の素材となる有機物を発見し、それが貢献したとのことであった。大村先生がすばらしいのは、その特許料を無料とし、製薬会社がPRも兼ねて、その薬をアフリカ諸国に無料提供したことだ。それだけでなく、新聞などによると、様々な特許で得た収入は、勤務校に寄付したようである(約200億円とか!)。

 私のようなボンビー人には、もう夢のような話であるが、仮に200万円でも「寄付します!」とは言えないだろう。

 とにかく美術館を地元で経営するなど、研究だけでなく経営にも才覚があり、非常に有能な先生であるのは間違いない。先生は日頃から「後追いの研究はダメだ。人と違う研究をやって成果を挙げよ」といっていたらしい。また、失敗を恐れず、その数は数えきれないとか。失敗をしないと、成功もしないものである。

 当方はもはや晩年に差し掛かり、「人と違う研究」どころか「後追い研究」ですら満足にできず、「史料なぞり」しかできないのが忸怩たるところである。そのうち「今、こんなことを考えている(構想がある)」とか「今、こんなことを書いている」などと言って、何も成果が出なくなる可能性も高い。いわゆる「書く書く詐欺」である。そうなったら誰からも相手にされないので、ここは何とか踏ん張ってがんばりたいところである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター