2015年11月28日 拙著『真田幸村と真田丸の真実 家康が恐れた名将』(光文社新書)が東京新聞に紹介されました!

 晴れ。暖かいですね。老体にはありがたいことです。

 さて、光文社様にお教えいただいたのですが、

 拙著『真田幸村と真田丸の真実 家康が恐れた名将』(光文社新書)

 が東京新聞(11月22日付)に紹介されました!誠にありがたいことです。引き続きよろしくお願い申し上げます。

 ところで、どうでもいいことなのですが、昔「関東には、うどん、そば、ラーメン定食といった炭水化物(おにぎりかライスがつく)を組み合わせたものはない」と言われたことがあります。いざ、関東に定住すると、そこかしこにあって、みんなおいしそうにいただいています。ただ女性は少ないようですが・・・。私ももちろん食べます。

 神保町に行くと、「半チャンラーメン」発祥の地といわれるラーメン屋さんがあります。よくテレビで紹介されているので、ご存じの方も多いと思います。「半チャンラーメン」とは、半分の量のチャーハンとラーメンの組み合わせです。考えてみると、うどんやそばでも、ミニ親子丼(卵丼、かつ丼など)のセットがあるので、ライスより値段が高い高級品になりましょう。

 おにぎりの場合は、麺を食べ終わったあと、いただく方が多いようです。ライスの場合は、どうなのでしょうか? 私は麺をおかずにして、ライスを食べるのですがヘンですか? ちなみに焼きそば定食もおいしくて、すっかり病みつきになってしまいます(関東ではあまり焼きそばを食べないようですが)。そもそも麺類は家でも安く作れますからね。

 ちなみに徳島に行ったときは、徳島ラーメンをいただいたのですが、麺を食べ終わった後に、スープに卵とご飯を投入し、おじやのようにしていただきました。おいしかったです。

 小さい頃は、スパゲッティとご飯を食べていました。今は、ちょっと抵抗があります。スパゲッティの場合は、パンがいいですね。また、関西にはお好み焼き定食があります。これも結構いけます。昔、KGの裏手にお好み焼きさんがあって、よくお好み焼き定食を食べました。お好み焼きも自宅で簡単に作れますね。

 おでんはどうでしょうか? おでんといえば、お酒のアテ、子供にとってはおやつみたいなもので、ご飯のおかずにならないと主張する人がいます。でも、ちまたではおでん定食があり、多くの方がいただいています。別に変じゃないと思うのですが、どうなんでしょうかね。私もたまに食べたくなります。

 一番驚いたのは、チャーハン定食です。チャーハンに何かおかずがつくのではなく、チャーハンをおかずにしてライスを食べるというものです。これは意味が不明です??? 人それぞれ好みですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
65位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター