2015年12月29日 さあ、今日も頑張ろう

 晴れ。隣のマンションはまだラジオ体操をしていますが、当マンションは一時休養のようです。

 昨日、複数のお仕事を頂戴し、年末年始は忙しくなりそうです。誠にありがたいことです。きょうもずっと一日中、書き続けたいと思います。中には毛並みの多少違ったものもあり、頭の体操になると思っております。いつも同じようなものだと飽きますけん。

 では、また息抜きに続きを書きます。お楽しみに。

 追記1 出版不況

 先ほどニュースを見ていると、今年もまた出版不況であり、史上最大の落ち込み。売り上げは1.6兆円を割り込んだとのこと。特に、雑誌の落ち込みが大きいという。速報性の高い雑誌ネタは、たしかにネットの情報でカバーされている。料理や旅行の本も同じだ。スマホでゲームをする人も増えたので、電車読者も減った。出版業界は逆風ばかり。ちなみにピークは、平成9年(1997)。

 出版社は本を刊行してから、売り上げを取次ぎから回収するまで6ヵ月かかる。本のネタを厳選しなくてはいけないとはいえ、とにかく出さなくてはいけない。「いいネタがないので出しません」となると、6か月後の収入は0になってしまうのだ。最近、著書刊行の敷居が低くなったというのは、たしかにそうかもしれない。

 とはいえ、私のメシの種であるのはたしかで、売れている本は売れている。この現実については、年末年始にない頭を振り絞って、真剣に考えなくてはならない課題だ。良いアイデアがある人は、ぜひご教示ください。特に、読者目線が大切です。


 追記2 昼は味噌ラーメン

 昼は麺類でササッとということで、味噌ラーメンを作りました。カップ麺ではなく、袋麺です。ラ王(味噌味)が一番いいと思います。野菜は多め、焼き豚を乗せます。スープに少し別の味噌を入れると、味に深みがでます。黒コショウ少々と七味を加え、粉末の鶏ガラを少し入れます。たったこれだけの工夫でおいしくなります。午後も仕事です。ブラックです。ああ、その前に郵便局など。


 追記3 『年報赤松氏研究』『十六世紀史論叢』の発送

 本日、上記の冊子を発送いたしました。年内の発送はこれでおしまいです。新年は4日から発送を再開します。繰り返しになりますが、『年報赤松氏研究』3号は残り3冊です。ほかの号も在庫が50冊を切っていますので、ご入用の方はお急ぎになってください。また、『十六世紀史論叢』1~4号は在庫がたんまりとございます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

渡邊大門(わたなべ だいもん)

  • Author:渡邊大門(わたなべ だいもん)
  • 1990年3月関西学院大学文学部史学科卒業
    2008年3月佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学)
    E-Mail:watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■=@)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
57位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
無料カウンター